頑固なほくろも根っこから除去可能【直接メスなどを入れて取り除く】

あとが残らず人気

看護師

アフターケアも万全

目立ちやすい顔に出来るほくろや大きくなり過ぎたほくろは、手術で除去する方法があります。放っておくと今まで以上に大きくなるケースもあり、気がついた時に除去するのが良いと言えるでしょう。美しくなるために、気になる箇所にあるほくろを除去する人も増えており、アフターケアも丁寧で需要が高い手術です。手術の方法としては、メスを使用して除去する方法と、レーザーを使用する方法が挙げられます。根が深いほくろの場合には、メスで根ごと取ることで再びその部分から出てこなくなります。直接メスを使用する場合でも手術中の痛みがないように、麻酔を使用することができ安心です。普通より大きなサイズや根が通常より深いものであっても、数回に分けて手術することで再発の可能性を低くすることが出来ます。また、跡もできるだけ残らないようにするので安心です。小さいサイズのほくろの場合には、レーザーで除去することができ便利です。数が多いものも同様に、レーザーでの治療が早く取れて好評です。レーザーの特徴としては、比較的短期間で手術が終わることで、初めての方でも治療を受けやすくなっています。まずは医師のカウンセリングを受けて、どのような治療を行うのか話し合うことが重要です。ほとんどのほくろ除去手術の場合は、自宅から日帰り手術で通院することになります。病院を選ぶ際には、交通アクセスの便利な場所を選ぶと良いでしょう。病院の近くにある宿泊施設に予約をして、手術日当日は泊まるという方法も患部に負担をかけない方法であると言えます。車の運転が出来る家族がいる場合は、送り迎えしてもらうなど、工夫をすると良いでしょう。治療方法は、医師とのカウンセリングで決めることになりますが、レーザーなどの希望がある場合には伝えておくようにします。ほくろの状態によっては、サイズが大きいものでもレーザーで複数回に分けて除去することも可能です。ホームページで手術方法を紹介している病院も多いので、事前に確認しておくとカウンセリング時に話しやすくなります。事前カウンセリングが終わったら、治療費を計算して、手術の準備を行います。保険が効く場合もあるので、自費と保険のどちらの治療方法が良いのか検討すると安心です。何度くらいの通院が必要であるかをあらかじめ確認して、治療のスケジュールを立てていきます。

Copyright© 2019 頑固なほくろも根っこから除去可能【直接メスなどを入れて取り除く】 All Rights Reserved.